| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標登録できるか知りたい方へ

考えた商品名やサービス名などのネーミングが商標登録できるのか。
 使っているロゴマークなどの図形が商標登録できるのか。

多くの事業者の皆様が抱く、大きな疑問だと思います。

商標登録できるかを、あらかじめ知るのは賢明なことです。
そして、そのためには「商標調査」がかかせません


1.商標登録には審査があります

審査書類イラスト×

商標登録をするには、特許庁の審査をパスする必要があります
申請をすれば、すべてに登録が認められるわけではありません。

審査は、商標法に基づいて、約30の項目がチェックされます。
申請書となる「願書」に記載した商標などの事項が、これらの項目に該当すると、審査にひっかかってしまいます。


2.審査によくひっかかる2つの理由

商標仮面イラスト×

審査項目は約30ありますが、その中でも特に多くひっかかる事項があります
それは、以下のような理由がある場合です。


1.その商標が、商標としての機能を発揮し得ない。
(商品・サービスを識別することができない表示に該当)

2.他人が、同様の商品・サービスの分野で、
 その商標と同じ又は似ている商標を先に登録している。

商標登録が拒絶される場合、これらのいずれかが理由として挙げられることがほとんどです(両方が挙げられる場合もあります)。


3.商標調査とは?

商標調査イラスト

そこで、商標登録をお考えの商標が、主にこれらの2つの理由に該当しないかどうかを、あらかじめ調査するのが、「商標調査」です

商標調査は、特許庁や特定の公的機関が行なうものではありません。
各人が知識や経験に基づき、商標データベースを用いて行なうことになります。
よって、初めての方には、調査は困難と言わざるを得ません。

当事務所では、上記2つの観点から、ご希望の商標の登録可能性・使用可能性を精査してレポートする「商標調査サービス」をご提供しております。

当該サービスをご利用いただくことで、「商標登録できるか?」を、申請前に高い精度で知ることができます。


4.なぜ商標調査をした方が良いのか?

商標仮面イラスト×

それでは、なぜ事前に商標調査をした方が良いのでしょうか。

商標調査をしないで申請をして登録が拒絶された場合、「がっかりして終わり」ではすまない以下のような理由があるからです

① 申請費用がムダになるから

商標登録の申請には、費用が必要です。
この費用は、登録できなかった場合でも返還されません。

商標調査をして、事前に登録が無理そうだとわかれば、無駄な申請費用をかけることなく、商標の変更をスムーズに検討することができます。


② 時間がムダになるから

商標登録の審査には、一般的に約6か月がかかります。
申請から半年経って、登録できないとされた場合、新たに別の商標を採用して申請すれば、そこからさらに半年程度の時間がかかることになります。
これでは、いつまで経っても本格的に事業を進めることができません。

商標調査をして、事前に登録が無理そうとわかれば、早めの商標変更により、最短時間で登録することが可能となります。これは、スムーズな事業展開にもつながります。


③ 他人の商標権を侵害するリスクがあるから

上述のように、「他人が、同様の商品・サービスの分野で、その商標と同じ又は似ている商標を先に登録している」場合には、商標登録は受けられませんでした。

一方で、このような状況下で商標を使うと、その他人の商標権を侵害することになります。つまり、この理由で商標登録を受けられなかった場合には、実質的に自由に使うこともできないわけです。

審査の結果が出るまで、その商標を使うことがなければ問題ありませんが、すでに使い始めている中このような理由で登録が拒絶されれば、これまでの使用行為が商標権侵害となる場合があるのです。

事前に商標調査をしておけば、「商標登録できるか」という、その商標の登録可能性だけでなく、使用可能性まで予測することが可能です。


5.なぜ弁理士に依頼した方が良いのか?

商標仮面イラスト腕組み

商標調査が重要なのはわかったけど、絶対に弁理士に依頼しなきゃダメなの?

そのような疑問があるかもしれません。

たしかに、特許庁の無料データベースを用いても、商標調査はできます。
操作方法がわかれば、自分で調査することも不可能ではありません。

ですが、「どこまでが似ている商標と言えるのか」、「どこまでが商標としての機能を発揮し得ると言えるのか」は、一般の方にはわからないのではないでしょうか。

実は、この点が商標実務でもっとも難しい話(キモ)であり、弁理士の手腕が問われるところなのです。同じ弁理士の中でも、知識や経験によって、もっともレベルに差が出る業務内容とも言えます

より精度の高い調査結果を得るために、弁理士に依頼することは重要です。
そして、弁理士の中でも、商標を専門とする弁理士に依頼するのが理想です。

ただし、ご留意いただきたい点もあります。
実際に登録できるかを判断するのは、特許庁の審査官だということです。
調査をしていても、思いもよらない判断が下されることもあるのです。
商標調査には、「100%の保証はない」という点、予めご了承ください。

だからこそ、少しでも精度の高い調査結果が必要なのであり、そのためには商標を専門とする弁理士に依頼するのが望ましい、ということになるのです。

なお、「同じ商標」を見付けるだけなら、自分での調査は可能でしょう。
以下に調査方法を記しておりますので、ご参考下さい。
 ざっくり知りたい!!同一商標検索」(PDFファイル、2,414KB)


6.商標調査の料金

商標調査は、調査をする商標の数、その商標を使用する商品・サービスのカテゴリ―の数、商標の構成(文字か図形か)等によって、料金が変わってきます。
また、当事務所では、いくつかのオプションもご用意しております。

当事務所の商標調査サービスの具体的な料金につきましては、まずはお問い合わせ下さいませ。詳細をお伺いして、料金のお見積りを出させていただきます。


お見積り・お問い合わせ

当事務所では、弁理士による商標調査サービスをご提供しております。
「商標登録ができるか知りたい」方に、おすすめです

  当事務所の商標調査サービス

商標仮面イラストガッツポーズ

当事務所は、商標専門の特許事務所(個人事務所)です。
職人気質の代表弁理士が担当させていただきます。
専門性の高さにより、商標調査の精度には特に定評があります。
Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

当事務所の特徴

ご依頼・お見積り依頼・お問い合わせ等は、以下のフォームよりお願いいたします。
追って電子メールにて、ご回答、サービスのご案内、お見積り等を差し上げます。

※ご依頼は、Eメールがご利用できることが必須となります。
※お問い合わせ後に、電話営業などの煩わしい売り込みはいたしません。

  ご依頼までの流れ

お問い合わせフォームへ

初回相談の対応は無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。

ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
 なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。
※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。