| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

ごあいさつ(2017年度 代表メッセージ)

 開業時のごあいさつ

早いもので、2017年を迎えました。相変わらず世の中の景気回復の兆しは見られず、事業者の皆様は日々奮闘されていることかと存じます。

商標の専門家として、昨年1年を通して特に感じたのは、「多くの事業者の方に、商標の重要性やリスクが認識されていないのが実情のようである」ということでした。

「たかが商標、大きな問題になることはないだろう」という思い込みがあるのか、「商標登録に予算をかける余裕などない」という事情からなのか、「そもそも商標について考えたこともない」からなのか、理由はわかりません。いずれにしても、商標制度や商標登録にあまり興味・関心を持たれていないなと、肌で感じることが多かった1年のように思います。

しかし、商標の世界は非常にシビアです。
決して、優先度が低いものではありません。

一度トラブルに巻き込まれると、多くの場合は大きなダメージを受けると考えて間違いありません。特に、知らず知らずに他人の商標権を侵害してしまうと、場合によっては会社が倒れてしまうくらいのビジネスリスクがあります(※これは、決して大袈裟に申し上げているわけではありません)。事業者であれば、商標と関わりがないことなど通常はないはずです。にもかかわらず、世の中の事業者のほとんどが商標対策をされていない現状は、憂慮すべき事態です。

当事務所では、「商標セキュリティ」という考えに基づき、依頼人の皆様がこのようなトラブルやリスクを予防・回避し、安心かつ安全に商標を使って事業を発展させられるよう、アドバイスやサポートをさせていただいております。

成功している企業は、必ずしっかりとした商標対策をしていると言っても過言ではありません。もし、本ページをご覧になられた方が、初めて商標の重要性やリスクを認識したということであれば、ある意味ラッキーと言えるかもしれません。ぜひとも、これを機会に、ご自身の事業内容とそこで使用する商標について見直していただき、必要な対策を講じられることをお勧めいたします。

なお、商標の重要性やリスクは理解していても、具体的に相談できる相手がいないという事業者の方も少なくないかもしれません。商標に関する不安や心配事を抱いたまま、事業を継続されるのはとても苦しいことですそのようなお悩みこそ、どうぞお気軽に当事務所にお話し下さい

「商標の世界に100%はない」と私は考えております。

依頼人の皆様にとって、できるだけ商標に関するビジネスリスク遭遇の確率を下げ、安心・安全な毎日の確率を上げることが、当事務所の理念であり、使命です。

もしよろしければ、「当事務所の5つの強み」もご参考ください。

代表弁理士 永露 祥生