| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標登録をはじめてお考えの個人事業主の皆様へ

個人事業であっても、「商標」はとても大切です

個人事業主として事業を営んでいる皆様にとっても、「商標」はとても大切です。

しかし、残念なことに、「うちは小規模だから・・・」、「うちは地域密着でやっているから・・・」という理由で、他人の商標登録や商標権を気にしていない経営者の方が多いというのが実情です

「個人事業で商標トラブルに巻き込まれることはないだろう。」。そのような「思い込み」があるのであれば、今すぐ考えを改めていただくことをお勧めいたします

事業規模は、商標権侵害の責任を免れる理由にはなりません。
そして、商標権の効力は、日本全国に及びます。

ですから、もし他人の商標権を侵害しているとクレームを付けられた場合、「うちは小規模だから」、「うちは地域密着でやっているから」といった言い訳は、原則として通用しないのです。そして、ITの進歩した現代では、インターネットでホームページを開設していれば、小規模だろうが、地域密着だろうが、権利者に簡単に「発見」される可能性は高いと言わざるを得ません。

なお、最近では、司法書士事務所の名称に関する商標や、歯科医院の名称に関する商標をめぐって、実際に商標権侵害の裁判が起こされた事件も存在しています。


商標登録は大きなリスクヘッジ。保険的な意義があります

商標登録を受けると、国家(行政)によって強力な「商標権」が与えられます。

詳しくは後述しますが、この商標権があれば、自分だけが登録した商標を独占的に使うことができます。この点だけでも、ビジネスにおける優位性が確保できるでしょう。小さな個人事業主が、大きな企業相手に立ち向かう上で、非常に強力なウェポンとなり得ます。

一方、これは裏を返すと、商標権の範囲内で商標を使う限り、原則として他人の商標権を侵害することはないということを意味します。つまり、商標登録を受けておけば、他人の商標権とのトラブルをビクビクと心配することなく、安心してその商標を使い続けることができるのです。

これは、経営的観点からも、リスクヘッジとして非常に重要なポイントではないでしょうか。規模が小さい個人事業者にとって、一度の商標権侵害が原因で廃業に追い込まれることは、十分に想定できるリスクだからです。

にもかかわらず、多くの経営者の方々は、商標登録について「そこまで予算が回らない」、「独立開業したばかりだから必要ない」「今までトラブルになったこともない」と、口を揃えておっしゃいます。

しかし、我々専門家から言わせれば、商標登録は「他に費やす予算を削ってでも、優先的に対策すべきもの」であり、「開業したばかりだからこそ、安全に事業を進め、商品やサービスの差別化を強化するためにも必要なもの」です。そして、「商標に関するトラブルは、ある日突然、天災のようにやってくるもの」ですから、決して油断してはなりません。警告書が届いた後で大慌てをしても、時すでに遅しです。

たしかに、個人事業主の方にとっては、ただでさえ日々こなさなければならない仕事も多く、商標登録のために時間や手間をかけられない、というお気持ちもよく理解できます。必要となる費用も、決して安くはありません。ですが、商標登録は、決してケチるところ、節約するところ、手を抜いていいところではありません。「たかが商標」という考えは、個人事業であっても、リスクが大きいと言わざるを得ないのです。


商標登録について理解を深めましょう

そこで、これを機会に、ぜひ商標登録の概要について知っていただき、実際に登録申請手続をお進めになられてはいかがでしょうか。以下のページをぜひご参考下さい。


商標登録の必要性イメージイラスト 商標登録のメリット 商標登録の流れ