| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標登録を弁理士や特許事務所に依頼する理由

握手をしている担当者の画像

自分の商標登録を申請するためには、実は特別な資格が必要というわけではありません。適法な手続をとる限り、一般の方々が申請することも可能です。

最近では、申請書の作成方法が解説されているウェブサイトも存在しているせいか、何となく「自分でもできそうだ」と思う方々も少なくないようです。

そのため、「費用や予算の節約」を主な目的として、商標登録を弁理士や特許事務所に依頼せずに、「自力」で申請するケースが多く見受けられます。

しかし、あなたが長年の実務ノウハウのある大企業の担当者でもない限り、以下の理由から、商標登録は弁理士や特許事務所に依頼することを強くお勧めいたします

1.時間の削減
2.コストの節約
3.得られる安心感


1.時間の削減

「自力」で申請手続を行なうためには、自分で必要となる書類(願書)を作成しなければなりません。複雑な各種手続も、不備がないようにうまくやる必要があります。

ところで、このような書類作成や手続遂行のために、具体的なやり方を「調べている時間」や、「勉強する時間」はいったいどれくらいかかるでしょうか?

あなたが経営者なら、何よりも重要な資源は「時間」であることを十分に認識しているはずです。商標登録は、弁理士や特許事務所に依頼することで、必要となる時間を大幅に削減することが可能なのです。弁理士が作業をしている間、あなたは別の仕事に着手することもできます。

インターネット上には、自力で申請手続を行なうための方法が解説されたサイトが存在していますが、あくまで基本中の基本(ごく一部)の内容にすぎないと考えるべきでしょう。当たり前ですが、ノウハウなどの価値ある情報が、都合よく無料で公開されているわけはないのです。

ネットの情報に踊らされて、自身で申請手続を行なった結果、的外れな商標権を取得したり、後で思わぬトラブルに巻き込まれたりする可能性も否定できません。この点、どうか忘れないよう、ご注意ください。


2.コストの節約

自分で商標登録までを完了させることができれば、特許事務所に依頼する場合の手数料が不要になります。すると、一見うまく費用や予算を節約できたように感じます。

しかし、上述のように、書類作成や手続遂行のために費やした時間をコスト換算すると、いったいいくら程になるでしょうか?

このように、要した時間を費用換算した場合、実は特許事務所の手数料を上回ることも少なくありません初めてであれば、最初から特許事務所に依頼した方がほぼ間違いなくコストを抑えることができるでしょう

たとえば、旧標準料金規定に準じた手数料額を採用している特許事務所では、1区分で約11万円が加えて発生します。これは、人件費を1時間で1万円としても、11時間分にすぎません。初めての申請手続から登録完了までに必要となる作業を、11時間以内でこなすことは、普通に考えて難しいのではないでしょうか。やはり、結局はコスト節約になっていないと言えます。

もちろん、長期的に見れば、何度も自分でやっているうちにノウハウが蓄積されて、コスト節約となることもあるかもしれません。ですが、後述の「安心感」という観点からも、自力での商標登録はお勧めできません


3.得られる安心感

商標登録を弁理士や特許事務所に依頼した場合、もっとも大きなメリットは、「安心感」を得られることでしょう。

自分で申請手続を行なった場合には、審査結果が出るまでの間、「商標登録が無事に認められるだろうか」、「商標を使い始めてもトラブルにならないだろうか」、などといった心配や不安が常につきまとうことになるはずです。

審査の結果、拒絶理由通知が送られてくれば慌てることになりますし、不意に警告状が送られてくればパニックとなるでしょう。このような場合には、いずれにしても特許事務所や法律事務所に対応を依頼することになると思いますので、最初から依頼した場合より、最終的には時間もコストも多くかかってしまうことが見込まれます。

その点、弁理士や特許事務所と付き合いがあれば、あらかじめ登録可能性や使用可能性について適切なアドバイスを受けることができますし、トラブルが生じた場合にもすぐに相談することが可能です。また、通常は商標権の更新期限管理サービスも行っておりますので、あなたが自分自身で商標登録を行なった場合に必要となるその後の手間や労力も軽減することができます。

このような「何かあったら助けてくれる相手がいる」という安心感は、簡単には金銭とは比較できない価値があると思いますが、いかがでしょうか。


まとめ

以上のように、商標登録を自分で行なうか、特許事務所に依頼するかという点については、ざっくり突き詰めれば「お金で安心と時間を買うかどうか」と言えそうです。「短期的な利を取るか、それとも、長期的な安心を取るか」と言えるかもしれません。

何事も問題が起こらなければ、自力で行なった方がお得なこともあるでしょう。しかし、他人の商標権を侵害した場合、現に数百万円~数千万円の損害賠償金が支払われているという事実があることも、忘れてはなりません。

すなわち、いざトラブルに巻き込まれれば、自力で商標登録を行なった結果として節約した額の数倍から数百倍の額を最終的に支払うことになるリスクも皆無ではないことも、留意すべきポイントです。

もちろん、特許事務所や弁理士に依頼していても、このようなリスクを100%回避できるわけではありませんので、最後は価値観の問題になるでしょう。しかし、こういったリスクをきわめて低くすることが可能なのは間違いありません。

※関連コンテンツ:「Q1-3:市販の書籍や、特許庁のホームページガイドを参考にすれば、
自分でも商標出願の書類作成ができそうですが、わざわざ弁理士に依頼する意味は何ですか?


商品名、サービス名、会社ロゴ、店舗名、キャラクター名等の商標登録につきましては、当事務所にご相談・ご依頼いただけます。
Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

当事務所の特徴

当事務所へのご相談・ご依頼方法の確認などは、以下のフォームよりかんたんに行なっていただけます。初回相談無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。

ご依頼・お問い合わせフォーム     料金見積依頼フォーム
 ※一般的なお問い合わせはこちら       ※商標登録料金のお見積りはこちら

 ※よくあるご質問についてはこちら
 ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
  なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。