商標権の侵害を回避するにはどうすればいいの?

商標権侵害を回避するには?

商標を採用する前、商標を使い始める前に商標調査を行なって、事前に問題がありそうな登録商標の発見に努めることが重要です。

問題がありそうな商標が発見された場合には、商標を変更したり、使用を中止したりことが、商標権侵害の回避に繋がります。

すでにある程度その商標を使っていて後に引けないという場合には、権利者に交渉して使用許諾を求めることで、侵害行為を回避します。また、所定の条件を満たす場合には、その登録商標の取消・無効を求める審判を特許庁に請求することもできます。