具体的に何をすると商標権侵害となるの?

商標権を侵害する行為とは?

他人の登録商標と同じ商標を、事業において無断で使うと商標権侵害となります。

また、同じ商標だけでなく、似ている(=類似の)商標を無断で使った場合にも、商標権侵害が成立します。

このように、商標権はとても強い権利なのです。

ただし、商標権は商品・サービスごとに発生します。つまり、商標権の効力が及ぶのは、権利が設定された商品やサービスの範囲内に限られ、無制限というわけではありません。

たとえば、商品「お菓子」について、商標「SION」が商標登録されており、商標権が有効な場合、あなたが「スナック菓子」に「SION」を使うと商標権侵害となりますが、「洋服」に「SION」を使っても商標権侵害とはなりません。