【商標権侵害】結局、バレなきゃ問題ないんじゃないの?

バレなきゃセーフなのか?

極論を言えば、権利者に発見されなければ、実質的に問題となることはないかもしれません。

しかし、商標権侵害行為に対しては、過去における損害賠償請求が可能ですので、商標を使えば使うほど、いざトラブルになった際のリスクが高まることになります。

また、本当は権利者に発見されているにもかかわらず、戦略的に泳がされている可能性もあります。たとえば、事業規模が大きくなった頃を見計らって、権利者が商標権の行使をしようと考えている可能性もあるのです。

知財にかかわらず何でもそうですが、「バレなきゃ大丈夫だろう」というのは、非常に危険な考え方です。