商標権を侵害するとどうなるの?

商標権を侵害したら?

商標権を侵害すると、権利者から商標を使うことを差止められたり、損害賠償を請求されたりすることになります

商標を使えなくなるということはつまり、これまでの商品名やサービス名を変更しなければならないことを意味します。変更に際しては、商品パッケージや包装紙、看板、広告物、カタログ、名刺、インターネットサイトの表示など、その影響は大きく、通常は多額の出費を要することになるでしょう。

また、商標権侵害が新聞やニュース番組などで報道されれば、消費者や取引先からの社会的信用を壊滅的に失うことになりかねません。

なお、侵害行為が悪質な場合は、刑事罰(10年以下の懲役若しくは1000万円(法人の場合は3億円)以下の罰金又はこれを併科)が科されることもあります。