商標権って他人が商標を使う行為すべてに及ぶの?

商標権の効力範囲は?

商標権があれば、他人がその商標と同じ商標や、似ている商標を使うことをやめさせることができます。しかし、無制限に効力が及ぶわけではありません

すなわち、他人がそれらの商標を、願書に記載した指定商品や指定役務と同一または類似の商品・サービスに使っている場合に限り、商標権の効力が及ぶことになります。非類似の商品・サービスに使っている場合には、商標権の効力は及びません。

たとえば、指定商品を「お菓子」とする商標「しおん」の商標権を保有していたとして、他人が同じ商標「しおん」を使っている場合でも、その使っている商品が「おもちゃ」であれば、それらの商品は同一でも類似でもありませんので、商標権の効力は及ばないということになります。

また、たとえ同じ商品に同じ商標を使っていたとしても、それが商標としての機能を発揮できるような態様でなければ、「商標的な使用ではない」として、商標権の効力は及びません。