商標が似ているかってどう判断するの?

商標が「似ている」とは?

商標と商標の①外観(見た目)、②称呼(読み方、発音)、③観念(意味)を総合的に観察して判断されます。その際、その商標を使用する商品やサービスの取引の実情や慣行などが考慮されることがあります。

一般的には、②称呼がもっとも重視される傾向にありますが、商標が図形の場合は①外観の共通点や差異点が重視されるといえるでしょう。

いずれにしても、商標が似ているかどうかの判断は、個人の主観や感覚的な要素が含まれることも否定できず、実務上ももっとも難しいものです。