商標登録をしないで商標を使うと危険?

商標登録をせずに使うリスク

商標登録は義務ではありませんので、これをするかしないかは事業者の方々のお考え次第です。

しかし、商標登録をしないで商標を使い始めると、主に2つの重大なリスクがあると言えます。

(1)他人の商標権を侵害する可能性があります。
他人の商標権の範囲内となる商標については、原則として商標登録は受けられません。これは、逆に言えば、商標登録ができた商標は、基本的に他人の商標権を侵害することなく自由に使えることを意味します。

一方で、商標登録を受けずに商標を使っている場合、これが他人の商標権の範囲内となるものであれば、商標権の侵害となってしまいます。このようなリスクがありますので、少なくとも使用できる可能性については、使い始める前に商標調査を行なう必要があります。

(2)他人に先に商標登録される可能性があります
商標登録は早い者勝ちのルールです。

たしかに、商標登録をしなくても、他人の商標権を侵害していない限り、その商標を使うことはできます。しかし、他人がその商標を先に登録してしまった場合、商標権が発生しますので、継続して使い続けると商標権侵害となってしまいます。

たとえ、あなたが先に使い始めていたとしても、原則としてこれに対抗することはできませんので要注意です。