「商標を使う」ってどういうこと?

商標を使う行為とは?

商品に商標を使うサービスに商標を使うことのほか、商品やサービスの広告、カタログ、パンフレット、看板、価格表、請求書、納品書などに商標を表示して展示・頒布する行為などが当たります。

なお、リアルの世界だけでなく、インターネット上でも同様です。たとえば、ウェブサイトに商標を表示してサービスを提供する行為もこれに当たります。