商号とは違うの?商号登記で十分じゃないの?

「商標」と「商号」のちがいとは?

「商号」は、商人の営業主体を表わす名称のことをいいます。一方、「商標」は、商品やサービスを識別するためのマークです。商号が商標にもなる場合はありますが、基本的にそれらの性質は異なります。

したがって、商標登録と商号登記も、まったくの別物ということになります。

なお、商号は文字のみがこれに当たりますが、商標は文字だけでなく、図形、記号、立体的形状やこれらの組み合わせも構成要素となります。

また、商号も会社法や商法によって保護がされますが、使用を差止めるためには相手方に「不正の目的」がある場合に限られるなど、一定の制約があります。一方で、商標登録により発生する商標権は、相手方の「不正の目的」を問わず、日本全国に及ぶ権利であるという点で、強力と言えるでしょう。