商標が似ているかってどう判断するの?

商標が「似ている」とは?

商標と商標の①外観(見た目)、②称呼(読み方、発音)、③観念(意味)を総合的に観察して判断されます。その際、その商標を使用する商品やサービスの取引の実情や慣行などが考慮されることがあります。

一般的には、②称呼がもっとも重視される傾向にありますが、商標が図形の場合は①外観の共通点や差異点が重視されるといえるでしょう。

いずれにしても、商標が似ているかどうかの判断は、個人の主観や感覚的な要素が含まれることも否定できず、実務上ももっとも難しいものです。

商号とは違うの?商号登記で十分じゃないの?

「商標」と「商号」のちがいとは?

「商号」は、商人の営業主体を表わす名称のことをいいます。一方、「商標」は、商品やサービスを識別するためのマークです。商号が商標にもなる場合はありますが、基本的にそれらの性質は異なります。

したがって、商標登録と商号登記も、まったくの別物ということになります。

なお、商号は文字のみがこれに当たりますが、商標は文字だけでなく、図形、記号、立体的形状やこれらの組み合わせも構成要素となります。

また、商号も会社法や商法によって保護がされますが、使用を差止めるためには相手方に「不正の目的」がある場合に限られるなど、一定の制約があります。一方で、商標登録により発生する商標権は、相手方の「不正の目的」を問わず、日本全国に及ぶ権利であるという点で、強力と言えるでしょう。

そもそも「商標」ってなに?

「商標」とは何か?

簡単に言えば、「自分と他人の商品・サービスを識別することのできるマーク」のことです。

主に文字や図形が当たりますが、音やホログラムなども商標になり得ます。

なお、商品やサービスに使われる文字や図形であっても、それが識別標識として機能しないものは、商標として使われているとは言えません。たとえば、商品「りんご」の包装箱に「りんご」と表示してあっても、それは箱の中身である商品の内容を記述しているにすぎませんので、商標的な使用とは言えません。つまり、商標にはならないということです。

商品名とかサービス名って、自由に使っていいの?

ネーミング使用は自由か?

事業においては、自社の商品・サービスに、様々な商品名やサービス名を付けて、これを販売したり提供したりするものです。

このような商品名やサービス名は「商標」になり得ます。

したがって、もし他人が、これらの商品名やサービス名について商標権を持っていた場合には、無断で使うと商標権の侵害となってしまいます。

考案した商品名やサービス名を、何も考えずに自由に使うのは、大きなリスクがあります