商標権の侵害を回避するにはどうすればいいの?

商標権侵害を回避するには?

商標を採用する前、商標を使い始める前に商標調査を行なって、事前に問題がありそうな登録商標の発見に努めることが重要です。

問題がありそうな商標が発見された場合には、商標を変更したり、使用を中止したりことが、商標権侵害の回避に繋がります。

すでにある程度その商標を使っていて後に引けないという場合には、権利者に交渉して使用許諾を求めることで、侵害行為を回避します。また、所定の条件を満たす場合には、その登録商標の取消・無効を求める審判を特許庁に請求することもできます。

商標権を侵害している可能性はどうやって知るの?

商標権侵害を予測するには?

自分の使う商標と同じ商標、また、似ている商標が、すでに商標登録されているかを調べることで、商標権侵害のリスクを予測することができます。(商標調査

特許庁では、商標登録が認められた商標(=商標権がある商標)がデータベース化されています。このデータベースを用いることで、障害となる先行商標の存在を確認することができます。

具体的に何をすると商標権侵害となるの?

商標権を侵害する行為とは?

他人の登録商標と同じ商標を、事業において無断で使うと商標権侵害となります。

また、同じ商標だけでなく、似ている(=類似の)商標を無断で使った場合にも、商標権侵害が成立します。

このように、商標権はとても強い権利なのです。

ただし、商標権は商品・サービスごとに発生します。つまり、商標権の効力が及ぶのは、権利が設定された商品やサービスの範囲内に限られ、無制限というわけではありません。

たとえば、商品「お菓子」について、商標「SION」が商標登録されており、商標権が有効な場合、あなたが「スナック菓子」に「SION」を使うと商標権侵害となりますが、「洋服」に「SION」を使っても商標権侵害とはなりません。

【商標権侵害】個人的な使用でも侵害になるの?

個人的な商標の使用は?

商標権侵害は、「事業として」商標を使っている場合に成立します。より正確にいえば、事業として用いられなければ「商標」ではありません。

したがって、完全に個人的に用いるような表示は、商標権侵害とはなりません。たとえば、友人へのプレゼントとして買ってきた商品の包装に、自分でシャネルのマークを描いて贈っても、商標権侵害とはなりません。(ただし、通常このような行為は現実的にあまり想定されませんが・・・)

なお、「個人的」といっても、個人事業は「事業」ですので、商標権侵害は成立します。間違えないようにしてください。

【商標権侵害】インターネットで商標を使う場合はどうなるの?

ネット上の商標の使用は?

商標権の侵害は、リアルの世界だけではなく、インターネット上においても成立します

たとえば、自社のホームページで使っている商標が、他人の商標権を侵害するものであれば、リアルの世界と同様の制裁を受けることになります。

なお、ドメイン名、リスティング広告、メタタグにおける表示が、場合によっては商標権侵害となる余地もありますので、注意が必要です。

【商標権侵害】結局、バレなきゃ問題ないんじゃないの?

バレなきゃセーフなのか?

極論を言えば、権利者に発見されなければ、実質的に問題となることはないかもしれません。

しかし、商標権侵害行為に対しては、過去における損害賠償請求が可能ですので、商標を使えば使うほど、いざトラブルになった際のリスクが高まることになります。

また、本当は権利者に発見されているにもかかわらず、戦略的に泳がされている可能性もあります。たとえば、事業規模が大きくなった頃を見計らって、権利者が商標権の行使をしようと考えている可能性もあるのです。

知財にかかわらず何でもそうですが、「バレなきゃ大丈夫だろう」というのは、非常に危険な考え方です。

【商標権侵害】有名ブランドだけに関係ある話じゃないの?

有名ブランドだけの話か?

たしかに、有名ブランドは「商標」ですが、有名であったり、いわゆるブランドであることは「商標」となる要件ではありません。

事業において、自分と他人の商品やサービスを識別できるような文字や図形であれば、それらは全て「商標」になります。商標が有名でなくても、商標権は成立しますし、商標権侵害の問題も生じるのです。

【商標権侵害】商標を使う地域は関係ないの?

地域性は関係あるのか?

商標権の効力は日本全国に及びます

したがって、たとえ地方の田舎などで商標を使っているにすぎないとしても、それが事業であれば商標権侵害は成立します。日本国内であれば、商標を使う地域は関係ありません。

最近はインターネット検索機能が発達したこともあり、たとえ小さく事業を行なっているような場合であっても、ホームページ広告などで商標権侵害行為は発見されてしまいますので、油断はできません。

【商標権侵害】「知らなかった」って言えば大丈夫じゃないの?

言い訳は通用するのか?

商標権侵害については、商標法第39条の規定により、「過失が推定」されます。すなわち、「他人の商標権を侵害した者は、その侵害の行為について過失があつたものと推定する」ということが、法律上明らかにされているのです。

したがって、よほど特別な事情がない限り、「商標権を侵害しているとは知らなかった」という言い訳は通用しません。侵害者の事情にかかわらず、通常は商標権侵害の責任に問われることになります。

商標権を侵害するとどうなるの?

商標権を侵害したら?

商標権を侵害すると、権利者から商標を使うことを差止められたり、損害賠償を請求されたりすることになります

商標を使えなくなるということはつまり、これまでの商品名やサービス名を変更しなければならないことを意味します。変更に際しては、商品パッケージや包装紙、看板、広告物、カタログ、名刺、インターネットサイトの表示など、その影響は大きく、通常は多額の出費を要することになるでしょう。

また、商標権侵害が新聞やニュース番組などで報道されれば、消費者や取引先からの社会的信用を壊滅的に失うことになりかねません。

なお、侵害行為が悪質な場合は、刑事罰(10年以下の懲役若しくは1000万円(法人の場合は3億円)以下の罰金又はこれを併科)が科されることもあります。