商標 クイックナビゲーションとは

本ページは、紫苑商標特許事務所の運営する「クイックナビゲーション」コンテンツです。

商標登録や商標権の侵害など、事業者の方々が、商標について「本当に知りたい」かつ「緊急性の高い」事項だけを簡潔にご紹介しています。

商標登録に興味はあるけど、調べたり勉強したりしている時間なんてない!!」という、お忙しい経営者の方にピッタリのコンテンツです。

ぜひ、以下より知りたいことをチェックしてみてください。

ご利用上の注意


商標クイックナビゲーションQ:知りたいことはなんですか?

<商標とは?>


<商標を使うとは?>


<商標登録とは?>


<審査とは?>


<商標権とは?>


<商標権を侵害するとは?>


<商標調査とは?>


<特許事務所への依頼をお考えの方へ>

商標の案件を特許事務所に依頼するに際して、特許事務所ならどこでも同じサービスを受けられると思っていませんか?

特許事務所の提供するサービスは無形でわかりにくいためか、しばしばどこでも買える商品と同じようにお考えの方がいらっしゃいます。すなわち、「どの特許事務所に依頼しても、やってくれることは同じでしょ?」というものです。その結果、「どうせ依頼をするなら値段が安い事務所にしよう」という思考が生まれてしまいます。

しかし、このような考え方は明らかに誤解であり、依頼人の皆様を不幸にするものです。

とはいえ、業界内でも、特許事務所による不毛な価格競争が行なわれている現状があるという点も、否定できません。特に、特許業務をメインで取り扱う特許事務所が、フロントエンド商品として商標登録費用を格安に設定している例が多いように感じられます。ただ、この状況は、特許事務所だけでなく、他の士業でも同じように起こっているようです。各業界とも、初めての依頼人を価格の安さで煽るようなインターネット広告が多く出回っていることが、一因としてあるのかもしれません。

しかし、特許事務所の提供する商品とは、モノではなく「人」です。人間ひとりひとりが違うように、業務を担当する弁理士のパーソナリティも異なるのです。そして、サービスの品質は、その弁理士の知識・経験・素養などによって決まります。弁理士は、「コモディティ」ではありません。

そもそも、弁理士にも専門分野があります。お医者さんにも内科・外科・眼科・耳鼻科などの専門があるように、特許分野を専門とする弁理士、意匠分野を専門とする弁理士、商標分野を専門とする弁理士がいるのです。多くは特許分野を専門とする弁理士ですが、その中でも、機械、電気、化学、情報技術など、それぞれ得意分野を持っているのが一般的です。

ですから、サービスとして提供を受けることのできる行為については同じであっても、その内容やクオリティは「誰が担当するか」によって大きく変わってくるものです。

たとえば、あなたが「絵画」を習うとしましょう。本格的な風景画を描けるようになりたいと思っています。

ここで、AとBという絵画教室がありました。Aの先生はプロのイラストレーターですが、風景画についてのキャリアはほとんどありません。一方、Bの先生は風景画一筋で20年というベテランです。絵画教室としての料金は、Aは格安、Bは割高です。さて、この場合、あなたはどちらの絵画教室に入るかという話です。

もちろん、安ければAでも良いという方もいらっしゃるでしょう。ですが、このように趣味の場合はそれでもいいかもしれませんが、将来あなたの事業の行方を左右するかもしれない知的財産権についても同じ感覚で良いものでしょうか?

料金が安い事務所は安いなりの、料金が高い事務所は高いなりの理由があるのが普通です。価格について煽ったり、依頼人を欺くような表現のある品のない宣伝広告に、どうか騙されないようにしてください
特許事務所をお探しの際は、上記点にご留意いただき、慎重にご検討されることをお勧めいたします。