| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

紫苑商標特許事務所と代表弁理士の長所&短所

紫苑商標特許事務所は、弁理士の永露祥生が運営する商標専門の特許事務所です。個人事務所ですから、ご依頼は、すべて代表弁理士の永露が担当させていただきます。

そのため、当事務所や弁理士の長所と短所を依頼人の皆様にあらかじめ知っていただくことは、依頼後のミスマッチやストレスを回避する上でも有用であると考えます。

そこで、以下に当事務所・弁理士の「〇な点(長所)」、「×な点(短所)」を正直ベースでご紹介いたします。ご依頼を検討の際に、ご参考になれば幸いです。

なお、代表弁理士の一般的なプロフィールはこちらです。

事務所で働く弁理士のイメージ


当事務所・弁理士の〇な点

1.商標が専門です。

日本でも数少ない、商標案件に特化した特許事務所です
高い専門性にご期待いただけます。


2.代表弁理士が担当いたします。

ご依頼はすべて、代表弁理士が担当させていただきます
無資格者や事務員が担当・対応することはありません。


3.きちんとした経験・実績があります。

商標弁理士として10年の経験があります。
当事務所開設前は、都内の大手特許法律事務所、商標専門事務所で経験を積んでまいりました。日本を代表する大企業の案件も多数担当した実績があります。


4.若いです。

弁理士の平均年齢は約50歳であるところ、当事務所の代表弁理士は30代です。
商標は長く長く使うものです。「相談しやすい」「末永くお付き合いができる」など、弁理士が若いことは依頼人の皆様に大きなメリットがあります。


5.まじめです。

悪く言えば、「融通が利かない」とも言えるかもしれません。
しかし、信頼や信用というものは、生真面目さや誠実さからしか生まれないと思っております。自分の利益のために不要なものを勧めたり、依頼人を欺いたり、仕事のミスをごまかしたりすることをもっとも嫌います。


6.ITに強いです。

元システムエンジニアということもあり、PC操作には慣れています。
当事務所のホームページも自作です。SEO等の知識もそれなりにあります。
当事務所では、ITを利用した「今風なビジネススタイル」でのサービス提供を行なっております。ご連絡等のやりとりは、Eメールの利用がメインとなりますので、突然の電話などで依頼人の皆様の貴重なお時間を邪魔することもありません。


7.スピードと品質を重視します。

「できるだけ早く、できるだけ質を高く」がモットーです。
もちろん、それに加えて丁寧さも忘れないようにしています。


8.商標調査、意見書作成には特に定評があります。

当事務所の商標調査、意見書作成には特に定評があります。
同業の弁理士や、他士業の先生方からもご依頼をいただいております。これは本当にありがたいことで、それだけクオリティを評価していただいているということでしょう。


9.エンタメ分野・キャラクター関係に強いです。

個人的な趣味もあり、エンタメやキャラクターなど、若者文化に比較的詳しいです。
上述のように、弁理士は平均年齢が高いため、新しい商品やサービスについても「話が通じやすい」と思います。弁理士では珍しく、著作権法の分野も得意としております。


10.執筆・セミナー講師経験もあります。

業界紙等への寄稿、大企業でのセミナー講師経験などがあります。
受講者が、楽しく学べるセミナー作りを目指しています。自社研修の講師として、ご依頼いただくことも可能です。


弁理士の永露へのご依頼・ご相談は下記フォームからお願い致します。
 今すぐ相談する


当事務所・弁理士の×な点

1.特許案件は対応できません。

特許業務の経験がありませんので、特許案件のご依頼はお受けできません。
ただし、技術分野によっては他の弁理士をご紹介することが可能です。


2.ご依頼には電子メールが必須となります。

情報伝達の正確性とスピード、依頼人の時間的なご都合を重視するため、当事務所とのやりとりや、当事務所からのご連絡は、電子メールの利用がメインとなります。
ご依頼をいただくためには、電子メール(できればPC用)が必須となります


3.せっかちです。

スピードを重視するため、あまり気長に待つことが得意ではありません。
期限ギリギリで仕事に着手する傾向がある方には、とっつきにくいかもしれません。


4.わりと細かい性格です。

商標も法律相談です。
必要な説明は、後のトラブル防止のためにも、しっかりとさせていただきます。
人によっては、これがくどいと感じられるかもしれません。


5.慎重です。

基本的に慎重派ですので、(ご希望でない限り)リスクが高いことはおすすめいたしません。トラブルの際には、ハイリスク・ハイリターンではなく、「ローリスクでそこそこのリターン」となるようなアドバイスを心がけております。ビジネスリスクを恐れない猛者の方には、場合によっては弱気な弁理士と感じられるかもしれません。


6.外出が気軽にできません。

1日も早くご依頼に対応するため、執務(デスクワーク)が仕事の中心となります。
所属弁理士が代表ひとりですので、どうしても外出時間の捻出が難しくなってしまいます。面談や打ち合わせを強くご希望の方は、不満を感じられるかもしれません。


7.電話に出られないことがあります。

所属弁理士が代表ひとりのため、どうしても外出中には電話応対が難しくなります。
当事務所とのやりとりは電子メールを基本的な通信手段といたしますので、現代的なビジネススタイルの方にはやりやすいかもしれませんが、お電話での頻繁なやりとりをご希望の方には依頼が向いていないかもしれません。


8.来客スペースを設けておりません。

郊外かつ閑静な住宅街に所在していることもあり、現在、当事務所にはあえて来客スペースを設けておりません。事務所は執務スペースとなりますので、ご訪問いただけません。面談やお打ち合わせは、外部(完全予約制の出張面談)でお願いしております。


9.オンとオフがはっきりしています。

仕事以外の外部でのお付き合いは、基本的にお断りしております。
得意先の接待なども、職業上のトラブル防止のため、当事務所ではいたしません。


10.タバコが苦手です。お酒も飲みません。

面談やお打ち合わせ時の喫煙は、ご遠慮をお願いしております。
また、お酒をおすすめいただいても、すみませんがお断りいたします。


それでもご相談をいただける方は、下記フォームからお願い致します。
 今すぐ相談する


最後に知っておいていただきたいこと

商標登録は、どの特許事務所に依頼しても同じと思っていませんか?

特許事務所の弁理士にも、お医者さんのように専門分野があります。
商標登録は、どのような弁理士に依頼するかで経緯・結果が変わることが少なくありません。商標登録の申請内容も、専門的な記載や戦略が必要となるものです。
どの特許事務所に依頼しても、同じサービスの内容・質とはならないのです。

格安の料金設定や甘い宣伝文句だけで、特許事務所を選ぶのはリスキーです。
特許事務所へのご依頼は、どうか慎重にご検討ください。

商標専門の当事務所へのご相談は、下記フォームからお願い致します。
 今すぐ相談する