| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標登録をはじめてお考えの法人の皆様へ

商標トラブルは貴社の「信用」に直結します

法人にとって、「信用」が第一なのは言うまでもありません。

もし、自社の商品名やサービス名が、他人の商標権を侵害していたら・・・。
そして、そのことがマスコミによって大きく報道されたら・・・。

消費者や取引先からの社会的信用はガタ落ちし、場合によっては事業を続けられなくなるリスクがあるでしょう。商標権を侵害してしまったことによって生じる金銭的な損失よりも、むしろダメージは大きいと言えるかもしれません。


商標登録は大きなリスクヘッジであり保険

商標登録を受けると、国(行政)によって強力な「商標権」が与えられます。

詳しくは後述しますが、商標権があれば、自分だけが登録した商標を独占的に使うことができます。この点だけでも、ビジネスにおける優位性が確保できるでしょう。

一方、これは裏を返すと、商標権の範囲内で商標を使う限り、原則として他人の商標権を侵害することはないということを意味します。

つまり、商標登録を受けておけば、他人の商標権とのトラブルをビクビクと心配することなく、安心してその商標を使い続けることができるのです。これは、経営的観点からも、リスクヘッジとして非常に重要なポイントではないでしょうか。

にもかかわらず、残念ながら、多くの経営者の方々には、このような商標登録の重要性がご理解いただけていないのが実情です。多くの方が、「そこまで予算が回らない」、「まだ新しい会社だから必要ない」、「小さな会社だから必要ない」、「今までトラブルになったこともない」と、口を揃えておっしゃいます。

しかし、我々専門家から言わせれば、商標登録は「他に費やす予算を削ってでも、優先的に対策すべきもの」であり、「新しい会社・小さな会社だからこそ、安全に事業を進め、自社の価値を高めていくためにも必要なもの」です。

商標に関するトラブルは、ある日突然、天災のようにやってきます
決して油断してはなりません。警告書が届いた後で大慌てをしても、時すでに遅しです。

成功している会社は、商標登録に力を入れています。

会社にとって商標登録は、決してケチるところ、節約するところ、手を抜けるところではありません。「たかが商標」という考えは、リスクが大きいと言わざるを得ません。


商標登録について理解を深めましょう

そこで、これを機会に、ぜひ商標登録の概要について知っていただき、実際に登録申請手続をお進めになられてはいかがでしょうか。以下のページをぜひご参考下さい。


商標登録の必要性イメージイラスト 商標登録のメリット 商標登録の流れ