| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

キャラクターの商標登録と保護のポイント

日本はキャラクター大国であり、実に日本人の80%が「キャラクター好き」であると言われています。

最近では、「くまモン」、「ひこにゃん」、「ふなっしー」といったご当地キャラクターが非常に人気であり、各種メディアをにぎわせているのはご存じの通りです。
また、企業がオリジナルマスコットを作り、これを商品やサービスの宣伝・広告に起用することも多く見受けられます。

しかし、このようなマスコットキャラクターが愛され、人気や顧客吸引力が蓄積すればするほど、それに便乗しようとする者が現れます。

IT技術の進歩は、キャラクターの人気や世界観をより広めることに貢献した一方で、模倣や複製・改変を容易にしました。大切なキャラクターが、関係のない第三者に模倣されたり、改変されたりして使われれば、消費者は混乱して不利益や損害を受けますし、元のキャラクターの信用も毀損されてしまいます。

こういった事態を防ぐべく、知的財産としてのキャラクター保護はとても重要になります。そして、商標登録は、その保護の手段としても力を発揮するものです

本ページでは、知的財産権法による保護のポイントや手段を概観し、特に、キャラクターの商標登録の必要性についてわかりやすく解説いたします。


1.キャラクターの保護の対象とは

キャラクター」と言っても、その概念は様々です。
そこで、まずは保護対象として考えられ得るものを見ていきましょう。

保護対象となり得るキャラクターの要素は、次のようなものが考えられます。
(1)絵柄・イラスト
(2)名前・名称(ネーミング)
(3)特徴や個性などの抽象的概念(いわゆる、キャラ設定)


2.キャラクターの保護のポイントとその方法

それでは、上記の要素ごとに、知的財産権法による保護の方法を見てみましょう。

絵柄・イラスト

① 著作権による保護

美術の著作物として、著作権による保護を受けることができます
著作権は創作と同時に発生しますので、登録手続は不要です。

なお、著作権の発生に「創作レベルの高さ」は求められません
幼児の描いた絵であっても、そこに思想や感情が創作的に表現されていれば、著作権が発生します。絵柄・イラストの保護は、著作権によることが基本となります。

②商標権による保護

商標として使用される場合、商標権による保護を受けることができます

「商標」とは、自分と他人の商品やサービスを識別するための標識です。
商標権の取得には、特許庁に申請手続を行ない、商標登録を受ける必要があります。

ただし、共通する商品・サービスの分野で、すでに他人によって同一・類似の商標が登録されているような場合、商標登録は認められません。また、申請した商標が、有名・著名キャラクターの絵柄やイラストを想起させるようなものである場合も、基本的に登録は拒絶されます。

③意匠権による保護

物品の工業デザイン(すなわち、意匠)として、意匠権による保護を受けられる余地があります

意匠権の取得には、特許庁に申請手続を行ない、意匠登録を受ける必要があります。

ただし、意匠登録が認められるためには、新規性(そのデザインがこれまでになかった新しいものであること)や創作非容易性(そのデザインが当業者に簡単に創作できないこと)等が要件となりますので、すでに広く一般公開されているような場合、登録は難しいと言えるでしょう。

一方で、二次元のキャラクターを物品として立体化するような場合(たとえば、人形やフィギュア)には、意匠登録を検討する余地もあるでしょう。

④不正競争防止法による保護

絵柄・イラストが商品等表示として有名になっている場合や、他人が商品形態として模倣したような場合には、不正競争防止法による保護も受けられる余地があります

ただし、著作権や商標権のように、何らかの権利を根拠とするものではありませんので、基本的には裁判で争うことになり、手間や労力が大きい手段といえます。


名前・名称(ネーミング)

キャラクターの名前・名称は、基本的に上述の①著作権や③意匠権で保護することはできません。

商標として使用する場合には、商標登録を行ない、②商標権による保護を受けるのが得策です

なお、名前・名称が商品等表示として有名になっている場合には、④不正競争防止法による保護も受けられる余地はありますが、絵柄・イラストの場合と同様に、そのハードルは高いと言わざるを得ません。


特徴や個性などの抽象的概念(いわゆる、キャラ設定)

空が飛べる、某惑星の王子である、目からビームが出せる、水をかぶると女性になる、薬を飲んで体が小さくなる・・・といった、いわゆる「キャラ設定」は、アイデアにすぎません。したがって、表現を権利の対象とする①著作権によっては、保護を受けることはできません

しばしば、「著作権でキャラクターは保護されない」と言われることがありますが、ここで言うキャラクターとは、このような「キャラ設定」のことを指しています。
これを創作的な表現に具現化したものであれば、美術の著作物として、著作権によって保護が受けられます。

また、②商標権、③意匠権、④不正競争防止法によっても、これらのキャラ設定を保護する余地は、残念ながらありません


3.キャラクターの商標登録が必要な理由

保護の基本は著作権で。しかし・・・

上述のように、絵柄・イラストについては、著作権により保護を受けることができます。実務上も、キャラクターの保護は著作権によるのがもっともオーソドックスな方法です。

著作権の発生には登録手続は必要なく、権利を保持するために費用もかかりません。
特許権や意匠権とは異なり、他人の使用が「業として」(事業として)といった要件もありませんので、権利行使ができる範囲も比較的広いと言えるでしょう。

一方で、著作権による保護は手軽である反面、「権利がやや不安定」という問題点があります。

たとえば、他人にキャラクター絵柄を真似された場合、これを著作権侵害というためには、その相手が真似された絵柄に依拠して(=知って、アクセスして)創作したことを証明しなければなりません。少なくとも、その相手が真似された絵柄にアクセス可能であったという事実が推認できることが必要でしょう。

これを逆に言うと、他人が独自に創作したものが、たまたま自分の絵柄にそっくりでも、この場合には著作権侵害には問えないことになります。

また、そもそも、他人に対して著作権侵害を主張するためには、自分がその絵柄の著作者(創作者)であり、著作権を有していることを証明する必要があります。さらに、実際問題として、自分の方がその他人よりも先に創作していることも、何らかの手段によって証明する必要があるでしょう。
創作過程や状況によっては、これらの証明が困難な場合も少なくないでしょう。

以上のとおり、絵柄・イラストの保護については、著作権による保護が有効ではあるものの、「必ずしも万能ではない」と言えます。

商標権による保護の補強

そこで、著作権の弱点を補完して、保護をより強固とするために有効なのが、キャラクターの商標登録(商標権の取得)です

たしかに、商標権が有効なのは、相手がキャラクターの絵柄を商標として使用している場合かつ事業として使用している場合に限られます。また、それが使用されている商品やサービスによっては、権利の効力が及ばないこともあります。

しかし、条件が整った際には商標権は非常に強力な権利となり、商標登録を受けておけばその事実は公開されますので、少なくとも他人の無断使用を牽制させる効果もあります。(ご参考:「著作権で保護できるものに商標登録を受ける理由」)

なお、キャラクターの名前・名称については、上述のように著作権では保護できませんので、これを商標として使用する場合には、商標登録を受けることがベストな保護方法となります

このように、強く、適切に保護していくためには、キャラクターの商標登録は非常に有効な手段となります。キャラクターを商標としてご活用される皆様には、ぜひ商標登録をご一考いただくことを強くお勧めいたします。


4.商標登録にむいているキャラクター

キャラクター保護を強化するためには、商標登録により商標権を取得するのが有効であることについて、おわかりいただけたかと思います。ですが、これが全てのキャラクターに共通して言えるかといえば、決してそうではありません。商標登録にむいているキャラクター、むいていないキャラクターというものがあります

キャラクターには様々なものがあり、それぞれ「生息地」や「バックボーン」といったものがあります。たとえば、漫画やアニメの登場人物としてのキャラクター商品やサービスの営業マン的な役割を果たす企業キャラクター地域振興のためのご当地キャラクターなどです。

さて、「商標」とは、自分と他人の商品・サービスを識別する標識でした。そして、商標権が効力を発揮するのは、他人が「商標として使用」している場合に限られます。

つまり、たとえば、キャラクターの絵柄・イラストを商品に装飾的な効果を発揮するためや、あくまでデザインとして使っているにすぎない場合には、「商標としての使用」にならない場合も少なくありません。また、キャラクターの名称・名前を商品に表示している場合には、内容物を説明しているものにすぎないとして、「商標としての使用」ではないと言えることもあるでしょう。このような場合には、商標権は有効性を発揮できず、著作権など他の保護手段に頼ることになります。もっと簡潔に言えば、「商標権はほとんど役に立たない」ということです。

こういった事情を考慮しますと、漫画やアニメの登場人物としてのキャラクターについては、基本的に商標登録はむいていないと言えるでしょう。そもそも、この分野におけるキャラクターの数は通常多くなりますので、すべてを商標登録するのは費用面からも不可能です。ただ、誰もが知っているような国民的なキャラクターの絵柄・イラストや名称・名前ということになると、それだけで商標として十分に機能する場合もあり得ますので、商標登録が有効な場合もあると考えられます。

一方で、企業キャラクターやご当地キャラクターについては、通常は商品やサービスと一体的に使われるものですから、性質上、「商標」になりやすいと言えます。したがって、商標登録にむいているのは、このような企業キャラクターやご当地キャラクターであると言えるでしょう。

ただ、企業キャラクターやご当地キャラクターといったものは、生み出されては消えていく・・・といった傾向があるのも事実です。商標登録を受けるためには、少なくとも5年分の登録料を納付することになります。「息の長いキャラクターになるのか」といったシビアな検討もしつつ、登録の要否を判断されるのがよろしいかと思います。


5.キャラクターの商標登録戦略

キャラクターの商標登録を実際に考えた場合、まず1つの壁にぶつかります。
それは、「どのような商標態様とするべきか」という問題です。

商標登録は、1つの申請につき1つの商標とする必要があります。
しかし、キャラクターには絵柄があり、名前もありますので、これらの全てを申請すると莫大な費用がかかってしまいます

そこで、このような費用節約や、保護の実効性を考慮した、戦略的な商標登録が必要となってきます「どのような商標態様とするべきか」という点については、一般的に以下の手法が考えられるでしょう。

(1)絵柄や名前を、1つずつ個別に申請・登録する
(2)絵柄や名前のうち代表的なものを、1つずつ個別に申請・登録する
(3)絵柄と名前を、たとえば上下併記で表し、1つの結合商標として申請・登録する
(4)絵柄の複数のバリエーションを表したものを、1つの結合商標として申請・登録する

これらのうち、保護がもっとも強固となるのは、(1)の手法でしょう。
ただし、この場合、その数だけ費用が生じることになりますので、よほど金銭的な余裕がない限りは、現実的ではありません。

(2)は、(1)のうち重要なものに数を絞る、というやり方です。

(3)については、実務上はもっともオーソドックスな方法と言えます。
ただし、絵柄と名前の要素を結合させて1つの商標としていますので、それぞれの要素部分と他の商標との類否判断においては、その類似範囲は狭くなってしまうでしょう。また、商標登録後、絵柄と名前を分離させて使用していると、不使用取消審判で登録が取り消されてしまうリスクもあります。

(4)についても、基本的に(2)と同様のリスクがあります。

以上のように、いずれの方法によっても、メリットとデメリットがあり、「どのような商標態様とするべきか」については、申請前に慎重な検討が必要です。どのような状況で保護したいのか、どのように使用していくつもりなのか等をよく検討して、最適な態様で商標登録を受けるのが望ましいと言えます。

また、キャラクターの商標登録にあたっては、商標の態様だけではなく、指定商品や指定役務をどのように記載するかといった問題や、戦略上、単区分出願とするか多区分出願とするかといった点も考慮しなくてはなりません

これらの検討を、商標登録に不慣れな方がご自身で進められるのは非常に難しいと思います。キャラクターの商標登録をご希望の場合、専門家である弁理士にご相談されることをお勧めいたします


まとめ

このように、キャラクターをより強固に保護するためには、商標登録が有効な手段となります。そして、キャラクターの商標登録は、ただ登録を受ければいいというものではなく、費用面や保護の実効性を考慮した戦略(戦術)が必要となるのです。

なお、当事務所でも、企業キャラクターやご当地キャラクターの商標登録の代行を承っております。キャラ好きの弁理士が担当します。
※Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

当事務所の特徴

当事務所へのご相談・ご依頼方法の確認などは、以下のフォームよりかんたんに行なっていただけます。初回相談無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。

ご依頼・お問い合わせフォーム     料金見積依頼フォーム
 ※一般的なお問い合わせはこちら       ※商標登録料金のお見積りはこちら

 ※よくあるご質問についてはこちら
 ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
  なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。