| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標調査を取引先から依頼された方へ

取引先から商標調査を依頼されたけれど、お困りではありませんか?

最近、当事務所では、商標調査を取引先より依頼された方からのご相談・お問い合わせが増えております。

相談者は、個人のデザイナー、デザイン会社、コンテンツ制作会社、ロゴ制作会社、広告代理店など様々です。特に、ロゴデザインやキャラクターデザインなどを取引先に提案・提供する過程で、「世の中に似ているものがないか調査・確認してほしい」、「他人の商標などの権利を侵害していないことを調査・確認してほしい」と依頼されるケース、契約条件とされるケースが多いようです。

しかし、知財の実務に慣れていなかったり、そもそも初めてだったりということで、「どうすればよいかわからない」と、お困りになる方々も少なくないようです。

そこで、そのようなデザイナー、デザイン会社、コンテンツ制作会社、ロゴ制作会社、広告代理店の方々に向けて、特許事務所(弁理士)が提供する一般的な商標調査とその費用についてご紹介いたします。ご参考になりますと幸いです。

1.ロゴ等の「完璧な」調査・確認は不可能

まず、商標調査の話に入る前に、ご理解いただきたいポイントがあります。

本ページをご覧になっている皆様は、
取引先に提案するロゴデザインやキャラクターデザインについて、

世の中に似ているものがないか調査・確認してほしい
他人の商標などの権利を侵害していないことを調査・確認してほしい

などと、先方から求められているかもしれません。

しかし、これらについての「完璧な調査」というのは不可能です。

理由は、よく考えればわかることですが、世の中には星の数ほど多くのロゴやキャラクターが存在しているところ、公開されているものや、知り得ることができるものは、それらのごく一部にすぎないからです。

また、デザインやキャラクター画には著作権が生じている場合もありますが、著作権は創作と同時に自然的に発生するものであるため、これもまた世の中には星の数ほど多くが存在しており、そのすべてについて調査・確認のしようがありません。

これらの点について、しっかりと理解しておくようにしてください。
誤解があると、取引先との契約によっては、後に大きな責任を負うリスクがあります。
調査の前提として、取引先にもこの事情を理解していただくことが必要だと思います。


2.商標調査の一般的な内容とは?

それでは、商標調査の話に移りましょう。
まず、「特許事務所(弁理士)が提供する商標調査とは、いったい何を調べるのか?」という疑問があるのではないかと思います。

一般的な商標調査の場合、その対象は、特許庁に「商標登録がされている商標」と「商標登録を申請中の商標」ということになります。
(これらの対象については、データベース化されており調査が可能となっています。)

つまり、これらの商標の中に、取引先に提案するロゴデザイン等と同じものや、似ているものがないかを、特許事務所(弁理士)は調査・確認していくことになります。

よって、調査対象となるのは、世の中に存在する商標のうちの一部にすぎません。
しかし、「商標権」の権利は、商標登録によって発生するものです。
そのため、商標調査をすれば、少なくとも、「他人の商標権を侵害することがないか」については、ある程度は調べることが可能となります。

商標権は非常に強力な権利ですので、商標調査の意義は決して小さくはないのです。


3.商標調査に100%の保証はない

このように、重要となる商標調査ですが、留意すべき点もあります。
それは、「調査結果に100%の保証はできない」という点です。

当事務所だからというわけではなく、商標調査の性質上の問題となります。
その主な理由としては、以下の3点が挙げられます。

商標調査に100%保証ができない理由
1.商標調査で利用するデータベースにはタイムラグがあるため。
直近1~2カ月に申請された商標データが含まれていないため。)
2.商標が「似ている、似ていない」の絶対的な判断基準が存在しないため。
3.(「2」の理由によって)
最終的な類否の判断には、審査官や裁判官の主観が入る余地もあるため。

いずれも、やむを得ない理由であると、納得いただけるのではないかと思います。

ただ、「1」については、どうにもならない問題ではありますが、「2」と「3」については、専門家としての知識と経験によって、100%とはいかないにしても、判断の予測可能性を高めることは可能です。

そのため、商標調査は、どのような特許事務所(弁理士)に依頼するかが重要となります。専門性の高い弁理士(商標弁理士)による調査の方が、精度が高くなるのは間違いないからです。

商標調査は、どの特許事務所(弁理士)に依頼しても同じ結論になるとは限らないということに、留意しなければなりませんまた、取引先にも上記の事情を説明し、商標調査の結果には100%の保証はできかねる旨を、あらかじめご理解いただいておくのが良いでしょう。


4.商標登録のしくみ

続いて、商標調査費用のお見積りについてご説明したいと思います。
ですが、その前提知識として、商標登録のしくみについて知っていただくことが重要かつ必要となりますので、先に簡単にお話いたします。

まず、商標登録では、「商品・サービス」の指定が重要となります。

どのような商品・サービスについて、その商標を使うのか
 「どのような商品・サービスについて、その商標を保護したいのか
 「どのような商品・サービスについて、商標権がほしいのか

という概念で考えると、わかりやすいのではないかと思います。

つまり、商標登録とは、商標と商品・サービスを組み合わせて(セットで)行なうイメージです。したがって、その商標がどのような商品・サービスに関連するのかを意識し、明確にすることは、商標実務において非常に重要となります。

なお、他人の商標権を侵害するかについては、商標の同一性・類似性だけではなく、商品・サービスの関連性についても考慮がされます。たとえば、他人が商標登録をしている商標とまったく同じ商標を使った場合でも、その商品・サービスがまったく異なるのであれば、商標権の侵害とはなりません。

これは、逆の面から言うと注意が必要な点でもあります。商標登録によって、他人に同じ商標や似ている商標を使われないようにするためには、保護を求める商品・サービスを漏れなく指定することが必要になるからです。

このように、商標実務においては、「商標」と「商品・サービス」の二本柱で考えることが必要です。もちろん、商標調査でも同様です。

なお、商標登録は「早い者勝ち」が原則的なルールです。
たとえ先に使っている場合でも、先に申請した方に登録が認められます。
つまり、商標登録は1日も早く申請することが重要です。
この点、取引先の商標を取り扱う上では、十分に意識する必要があるでしょう。


5.商標調査費用のお見積り

それでは、以上をふまえて、商標調査の費用の話に入りましょう。

デザイナー、デザイン会社、コンテンツ制作会社、ロゴ制作会社、広告代理店などの方々からご相談をいただく際、「とりあえず商標調査費用が知りたい」との要望があることが少なくありません。

しかし、商標調査費用のお見積りのためには、一般的に以下の情報を明確にしていただく必要があります。

商標調査費用のお見積りに必要な情報
1.調査対象となる商標の数
2.商標が、①文字要素か、②図形要素か、③その組み合わせか
3.商標を使う(保護したい)具体的な商品・サービス

「1」は、商標ごとに調査が実施され、料金算定の基準となることが理由です。

「2」は、調査対象が①文字商標か、②図形商標か、③その組み合わせかによって、調査方法が変わってくるためです。通常は、図形商標調査の方が労力を要しますので、文字商標調査よりも高額となります。なお、組み合わせの場合には、文字商標調査と図形商標調査の両方を行なうことになります。

「3」は、先にご説明したとおり、商標登録が商標と商品・サービスを組み合わせて(セットで)なされることによります。一般的には、対象となる商品・サービスが多いほど、それにあわせて費用も増額します

ご相談をいただく際、「1」や「2」については比較的明らかとなっているものの、「3」の具体的な商品・サービスについては、相談者も「知らない」「わからない」「まだ決まっていない」という状況であることが少なくありません

しかし、基本的には「商品やサービスが明らかでなければ、商標調査が困難である」ということになりますので、まずは取引先の業務内容などから、これを明らかにしていただく必要があります。(一応、商品・サービスを指定しない調査も不可能ではないのですが、調査範囲が膨大となるため、場合により費用が青天井となってしまいます。)

調査を依頼されたデザイナー、デザイン会社、コンテンツ制作会社、ロゴ制作会社、広告代理店などの方々には、仕事が増えて多少酷ではありますが、必要不可欠な前作業として、「その商標をどのような商品・サービスに使うのか」や、「取引先の業務内容からどのような商品・サービスを保護すべきか」について、ある程度はご検討いただくことが必要となります
(できれば、取引先に事情を説明し、協働されるとよろしいのではないかと思います。手間はかかりますが、後に商標登録を依頼された場合にラクになります。)

具体的な商品・サービスを検討するにあたっては、
特許庁で公表されている「類似商品・役務審査基準」が参考になります。
これに掲載されていない商品・サービスについては、
商品・役務名検索」のデータベースで、キーワードから探すことも可能です。

いずれにしましても、商標調査は、「ある程度の商品・サービスが決まらなければ、適切な費用のお見積りができない」という点について、予めご留意ください。

なお、正確なお見積りのためにも、ご相談の際には、実際の商標態様や取引先の詳細情報を拝見させていただくことが理想です。


6.世論やSNSでの炎上にも注意を

商標調査の結果、「OK」となった場合でも、今の時代では世論やSNSでの炎上にも気を配る必要があるでしょう。

たとえば、商標実務の世界から見た場合には、「似ていない」と判断されるべき商標でも、一般の人々の感覚からは「マネをしているのではないか?」と感じられる可能性もなくはありません。特に、比較対象となる商標が、有名な商標であったり、大企業の商標であるような場合には、その可能性は高まるでしょう。

実際問題としては予防のしようもありませんし、炎上してしまった場合は運が悪かったとしか言いようがありませんが、世の中のすべての商標についての調査が無理であるとしても、たとえばインターネットで類似画像検索をご自身でしてみるなどの最低限の対策は必要かもしれません。


ご相談・ご依頼・お問い合わせ

紫苑商標特許事務所は、日本でもあまりない商標専門の特許事務所です。
10年以上の実務経験のある商標弁理士が、個人で運営しております。

当事務所の特徴
  当事務所の特徴の詳細はこちら
  当事務所のサービスにおける考え方
  このような依頼人の方に向いています!(マッチングチェックページ)

当事務所でも、各種商標調査サービスをご提供しております。

当事務所へのご相談、お問い合わせは、まずは以下のフォームよりご連絡ください。
追ってEメールにて、コメント、サービスのご案内等を差し上げます。
営業電話などのしつこい売り込みは一切いたしません。ご安心ください。
サービスご提供までの流れ

お問い合わせフォームへ

※当事務所へのご依頼は、Eメールのご利用環境が必須となります。
※弁理士の執務状況や事案の内容によっては、お受けできない場合がございます。
※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。